健康経営HEALTH MANAGEMENT

当社の健康経営に対する考え方

当社は、社会インフラの重要な基盤となる銀行のIT業務を継続的に担う企業として、社員の健康保持・増進を実現するとともに、社員ひとりひとりが意欲をもって仕事に携われる環境を構築することを最重要課題と位置付けています。それは、働く社員の健康と意欲こそが、会社の基盤であるという考えにも基づくものです。

健康経営の重点活動

健康診断受診率、及び、再検率100%を目指します。

  • 定期健康診断時、法定検査項目以外にがん検診・婦人科検診を組み込み(無償)
  • 人間ドッグ、インフルエンザ予防接種費用の会社補助
  • 再検査の受診勧奨、及び、受診状況の確認
  • 再検査・精密検査に対する一部会社費用負担、及び、受診時の労働免除制度
  • 健康診断結果に基づく特定保健指導の実施

メンタル不調に対する各種施策を行います。

  • 年1回のストレスチェックの定期実施と結果フィードバック
  • 専門業務型裁量労働者の負担度チェックと産業医等との面談制度によるサポート
  • 社内研修(ストレスコーピング(セルフケア・ラインケア))研修による啓蒙活動
  • 外部相談窓口の提供(保健同人社)

健康を支える柔軟な働き方を実現します。

  • 専門業務型裁量労働・フレックスタイム勤務による本人裁量による勤務制度
  • テレワーク勤務、時短勤務やサテライトオフィスによる柔軟な勤務環境
  • 法定時間と比較し、より低いレベルの時間外労働、及び勤務間インターバル制度
  • 連続休暇・リフレッシュ休暇・ウェルネス休暇・永年勤続休暇、保存休暇、
    子育て目的休暇、看護休暇・介護休暇・骨髄ドナー特別休暇など休暇取得環境の提供

健康経営の社内体制

当社では、健康経営を実現するため、社内横断的な体制で活動に取り組みます。

年間計画