三井住友トラスト・システム&サービス

三井住友トラスト・グループ

三井住友トラスト・グループの誇り

社会を支える力―
三井住友トラスト・システム&サービス

三井住友トラスト・グループは本邦最大かつ最高のステイタスを誇る信託銀行グループであり、そのサービスは多岐にわたります。法人・個人の資産を管理・運用し、日本経済を金融面から支えている当グループの事業は、この国の「社会基盤」を支える仕事といっても過言ではありません。こうした多彩な金融サービスを支えているものこそ、我々三井住友トラスト・システム&サービスの手掛けるITシステム。それゆえ、当社の社員たちは常に「自らの手で社会を支える」という高い意識を持って業務に取り組んでいます。そして、IT技術が急速に進化し、世のニーズが多様化する今、三井住友トラスト・グループは「金融」と「IT」を融合した未知なるビジネスモデルの創出を目指しています。これからの当グループにとって、ITはサービス創出に直結する、重要な要素となるでしょう。進化し続けるITをキャッチアップし、かつてない新たな金融サービスをこの手で作り上げ、社会に貢献することが、当社には求められているのです。

日本最大級の信託銀行グループ
「三井住友トラスト・グループ」

三井住友トラスト・グループは、日本で最大級の規模(※)を誇る専業信託銀行グループとして、個人トータルソリューション事業、法人トータルソリューション事業、法人アセットマネジメント事業、証券代行事業、不動産事業、受託事業、マーケット事業等を融合した、新しいビジネスモデルを絶えず創出しています。当グループを特徴づけているのは、徹底した「受託者精神」です。当グループが担っている「信託」という制度は、お客さまの資産の運用や管理、継承をお手伝いすること。だからこそ我々は、「最善至高の信義誠実と信用を重んじ確実を旨とする精神をもって、お客さまの安心と満足のために行動する」ことをグループ共通の行動規範の一つとしています。振り返れば信託銀行の歴史は、日本経済の中にあり、その成長を支えてきました。その中で培われた高度な専門性と総合力は、当グループ最大の強みといえるでしょう。そして当グループがこれから目指しているのは、お客さまの「ベストパートナー」となること。お客さまのニーズに寄り添い、時代の変化に即した「トータルソリューション」を提供し続けることで、当グループの掲げる「The Trust Bank」というビジョンを実現したいと考えています。

  • 資産運用残高※1

    122兆円

    国内金融機関
    第1位

  • 資産管理残高※2

    239兆円

    国内金融機関
    第1位

  • 企業年金受託残高

    13兆円

    信託 第1位

  • 投資信託受託残高

    88兆円

    信託 第1位

  • 不動産証券化受託残高

    20兆円

    信託 第1位

※数字は、2021年3月末日時点のものです
※1 グループ会社合算
※2 信託財産残高。資産管理専門信託銀行は信託財産に多くの再信託受託分を含むため除外

三井住友トラスト・グループの
「中核IT企業」として

三井住友トラスト・システム&サービスは、三井住友トラスト・グループ内における中核IT企業です。当社のミッションは、三井住友信託銀行をはじめとするグループ各社のニーズに合致した、ITトータルソリューションを高品質かつ安定的に提供すること。長年培ってきた技術力、金融業務知識、コンサルテーション力を駆使した提案を行っています。金融業務とITに精通した高度な専門性を有する「ITパートナー」として、グループのビジネスに貢献しています。三井住友トラスト・グループが提供する金融サービスは、ITシステムなしでは成り立ちません。それを創り、守り続けるという責任と誇りを、当社はこれからも持ち続けていきます。